FMOBILEトップページに戻る

« ”Skypeを使うな”とNTTドコモが業者に通達の噂...果たして本当か? | トップページ | ウィルコムストアの『W-ZERO3』の販売現状は »

2005.12.11

Skypeの最新ビジネスモデルを徹底解明

skype2 NTTドコモが出したというSkype禁止令はその後の私へのタレコミメールでどうやら本物のようだ。社内でのSkype禁止を下請け業者にも通達したらしい。実物をぜひ見たいものだ。

ところでSkypeも2.0 BETAが発表になり、いよいよSkype EcoSystem、つまりSkype経済圏らしきものが形成されるようになってきた。もちろんこれはSkypeだけに限った話ではなく、GoogleTalkやMSN、Yahoo!などVoIP全般に広く広がっている。この経済圏はやがてPSTNや携帯電話とは違うビジネスモデルで拡大し、全世界を覆いつくすだろう。

そんな状況の中、ライブドア大学でSkype Public APIやSkype Certification Programなどを中心に2時間半の講座が開かれる。

http://tenant.depart.livedoor.com/t/ld-daigaku/item2333570.html

講師は「P2Pがわかる本」の著者でもあり、Skype Japanにおける開発責任者の岩田真一氏だ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274201384/ref=ase_ss0a-22/250-8296352-6081009

電話が発明されてから128年が経過したが、いまや電話は単にインターネットにおける小さなソフトウェアで簡単に代用される時代となった。プロペラ機がジェット機に変わり、車が石油から燃料電池や電気で動くようになるのは時代の流れである。いつまでも”電話しかできない”電話にしがみつくのは勝手だが、もう電話に金を払う時代は終わったのだ。SkypeやGoogleTalkにしても今は無料だけで利用者をひきつけられるが、将来は”お宅の電話使ったらいくら金払ってもらえるの?”と質問される時代が来るだろう。すべては利用者たる”お客様”が時代を作るのである。

(Keiji Kiyonari)

12月 11, 2005 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7577473

この記事へのトラックバック一覧です: Skypeの最新ビジネスモデルを徹底解明:

コメント

みんなが話していたSkypeを最近知りましたが、MSNメッセンジャーから乗り換える気にはなれませんでした。でも、新しいSkype 2.0ではビデオ機能があったので試してみる気になりました。インストールは簡単で音質はMSNよりかなり良いです。その日からは:  Microsoft、バイバイ!

名前: bonus | 2005年12月12日 午前 05時06分

どうもありがとうございます!!

名前: juvesaku | 2005年12月12日 午前 09時46分

コメントを書く