FMOBILEトップページに戻る

2005.12.10

SherwoodとSkype

Sherwood 半分仕事、半分遊びでまたも台湾にいるがさすがJASJAR生産国だけあって電話環境はとても快適。GSMの音もクリアだし、日本では潰された感のあるSMSも大活躍だ。残念なのは今回はSherwood Taipeiが取れず、GrandHyattに回されてしまったこと。昔に比べファシリティ全体がくたびれてきてるし相変わらずWiFiのサービスがない。その点、Sherwoodは全館WiFi完備なのでどこでもノートPC広げられるし、Skypeも使い放題で快適なのだ。JASJARをポケットに突っ込んでおけばレストランでもGSM+Skypeできる。

http://www.sherwood.com.tw/en/index.php

それにしても台湾のIT企業のすごさには来るたびに驚く。とにかく最先端のものを作ってるし、ミーティングは全部英語でやられちゃうし、会議終わると勝手にスケジュール入れられちゃうわでタジタジだ。日本も幼稚園くらいから英語で授業しないと台湾、中国、韓国にやられそうな気がする...もうやられてるが。

(Keiji Kiyonari)

12月 10, 2005 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.12.07

ノキア、非3G版の『Nokia N91』を中国で発表

051207_m_001 ノキアは中国向けに仕様変更した『Nokia N91』を発表した。

N91は同社初のハードディスク搭載端末で、ヨーロッパやアジア向けに2006年第1四半期に発売予定。W-CDMA/GSMに対応しているほか、無線LANも搭載している。一方、中国大陸で発売されるN91はGSM 3バンドのみに対応し、無線LANも非搭載となった。

現在、中国ではW-CDMA端末の販売はまだ認可されていない。そのため各メーカーは自社のハイエンドW-CDMA端末を中国大陸では発売できていない。ノキアはW-CDMA端末をGSM端末とすることで、これに対処したわけだ。

ノキアのNシリーズはエンターテイメントにより特化した同社のハイスペック端末。不透明なW-CDMA端末の発売解禁をまたずに、GSM版を先行投入することで、中国大陸内でNシリーズの知名度を上げる戦略に出ている。

すでに同社はNokia N70の中国大陸版を発売している。こちらもW-CDMAは対応せず、GSM 3バンド対応となっている。中国大陸版のN70の正式な型番はN70-5と、後ろに「-5」が付与されており、中国大陸版N91もおそらくN91-5となるものと予想される。N91のW-CDMA版との違いは対応無線方式のみで、他の機能は同一である。

Nokia中国 Nokia N91スペック(簡体字中国語)
http://www.nokia.com.cn/cn/phones/models/n91/index.shtml

(山根康宏)

12月 7, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.02

ノキア、W-CDMAのミッドレンジモデルを発表

051202_m_001 ノキアはW-CDMA方式とGSM 3バンドに対応した『Nokia6233』『Nokia6234』を発表した。出荷は2006年の第1四半期の予定。

(写真)左:Nokia6233、右:Nokia6234

6233/6234は108x46x18mmの小型ストレート型端末。液晶は26万色のQVGAサイズ。2メガピクセルカメラを背面に搭載する。内蔵メモリは70MB、外部メモリはmicroSDカードスロット。各種オーディーオ/ビデオファイルの再生に対応する他、FMラジオを内蔵している。外部接続は赤外線、Bluetooth、USB。Push to TalkやVideo Sharingに対応するなど、最新の機能にもしっかりと対応している。OSはNokia従来のNokia Series40の最新版となっている。

6233と6234は基本機能は全く同一だが、6234はVodafone向けのキャリアカスタマイズモデル。筐体デザインとメニューUI等がVodafone専用のものに変更されている。Nokiaのキャリア向けカスタム端末としてはNokia6102に次ぐもので、今後は大手キャリアから同社のカスタムモデルが続々と出てくることも予想される。

なおNokia6234の日本のボーダフォンでの発売に関しては未定だが、ぜひ発売してもらいたいものだ。

(山根康宏)

12月 2, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.29

【mobidec 2005レポート】初日はドコモ、ウィルコムなどが講演

051129_m_020 モバイル・コンテンツ・フォーラムと翔泳社が主催で、秋葉原で開催されている「mobidec 2005」。初日となった11月29日は、NTTドコモ、ウィルコム、アイピーモバイル、ノキア、日本ジェムプラスなどが、モバイルに関する戦略、事例紹介、事業展開を語った。

NTTドコモのコンテンツ戦略は"リッチ"&"リアル"
~ 世間で流行っているものはケータイでも流行る ~

051129_m_021 最初の講演となったNTTドコモ。壇上にはコンテンツ&カスタマ部 山口善輝氏が立ち、今後のドコモのコンテンツ戦略を語った。
端末については、movaからFOMAへのシフトが順調に進行。2006年3月には1対1の比率となるのが現実味を帯びてきた。6月末でのデータではFOMAが約330万契約。そのうちパケ・ホーダイ利用者は約24%となっている。しかし、FOMAの新規契約者で見ると、パケ・ホーダイ契約者が40%と高い。またFOMAとmovaを比べると、有料マイメニュー登録がFOMA67.6%、mova40.5%とFOMAが高い。1人あたりの平均情報料もFOMA752.8円でmova430.1円とFOMAが高い。このような実状を紹介しながら、ユーザのFOMAへの移行により、コンテンツのさらなる伸びが期待できるとした。
051129_m_022 現在の注目コンテンツとしては、音楽、特に着うたと着モーション、デコメール、ショッピング、電子ブックなどを取り上げた。その中でも、占いの伸びを例にあげ、一時低迷していたが、一般の市場で流行ってくると、ケータイコンテンツも同様に流行ることを説明していた。韓流についても好調に推移してきている。今後必要なのはリアル&リッチ。とくにリアル連動は積極的に推進していくとのことだ。

定額プランでインパクトをあたえたウィルコム
~ マイクロセルのメリットを生かした戦略を ~

051129_m_023 ウィルコムは、事業促進部長 立石篤申氏がビジネス戦略を解説。2005年にDDIポケットからウィルコムに社名変更してから音声定額開始、新端末の順次投入といった取り組みをピックアップ。いままでデータ通信に特化していたが、音声にも力を入れ始めた。純減傾向から純増にも転じている。
今後は、ウィルコムならではのマイクロセルネットワークのメリットを生かした各種定額サービスを展開。2005年度に人口カバー率99%と面での充実を図る。マイクロセルではトラフィックを分散しやすいだけでなく、低出力での通信が可能。これによりSAR値が少なくなる。このメリットにより、全国1200以上の病院での導入を行っている。
051129_m_024 また、音声市場にも力を入れていく。端末のバリエーションが少ないという問題も、音声端末を一挙4機種順次投入することで解消。各端末で特徴を持たせ、たとえば、「WX310K」ではBluetoothに対応し、「WX310J」では指紋認証デバイスを搭載でビジネス需要に対応する。また、ハードルが高い無線部分の設計が必要ないW-SIM構想により、幅広いメーカーの参加を促すとともに、ニッチな市場の掘り起こしも進めていくとした。

日本発の技術"TD-CDMA"を生かすアイピーモバイル
~ 効率のよいデータ通信を武器に新規参入 ~

051129_m_025 アイピーモバイルからは、取締役 丸山孝一氏が事業戦略を説明。日本発の技術TD-CDMAを使ったデータ通信戦略を語った。
TD-CDMAは慶応義塾大学の中川研究室と共同研究からスタート。世界で標準化していった。時間による分割を行うため効率がよい。また電力制御に関しても優れている。海外では、ヘリコプターを使った時速250kmでの移動中の通信が実験により確認されている。このTD-CDMAを活用して2006年10月にサービスを開始する。
051129_m_026 当初は東名阪からスタートし、2012年までに全国をカバー。これまで通信事業者が行ってきた垂直統合型のビジネスモデルではなく、端末やコンテンツを開放したビジネスモデルを構築したいとのことだ。

次世代デジタルコンテンツ配信形式のメディアストレージ型
~ ケータイ白書2006の分析結果から ~

051129_m_029 モバイル・コンテンツ・フォーラム事務局長 岸原孝昌氏は、モバイルビジネスの現状と今後を分析。3Gと定額制により、モバイルコンテンツ市場が今後さらなる拡大をしていくことを語った。急拡大しているのは、リッチコンテンツの市場。その筆頭は着うた市場だ。そして、ゲーム、物販、オークション、コマースなどの拡大も目立っている。また、電子書籍の利用も増えている。
各キャリアのプラットフォームの推移を予測すると、2006年は3Gの成長期・普及期にあるが、KDDIは一足先に3.5G・定額制の成長期に入る。これがコンテンツの流通にも影響するとした。流通に関しては、蓄積しないストリーム型と蓄積するダウンロード型が主流。しかし、利用回数や期間を制限するメディアストレージ型の利用シーンが増えていくとしている。

新プラットフォームS60の展開と開発支援
~ ノキアの世界戦略では日本もターゲットに ~

051129_m_027 ノキア・ジャパンからは、テクノロジープラットフォーム Forum Nokia日本代表 ビジネス開発部長 遠藤元宏氏がS60の状況と開発支援を行うForum Nokiaの説明を行った。秋口から製品名のルールが変わり、ローマ字+2桁数字になった。NはノキアのNとのこと。N91は4GHDDを内蔵したミュージックケータイ、N71はFMチューナーやQVGA液晶、2メガカメラなど持つ日本的モデルとなっている。N80は、3メガピクセルカメラ、無線LAN付きのカメラ機能重視モデルで来春発売予定。N92は、モバイル放送受信可能なDVB-Hレシーバーを持つ。E60は通話機能優先でプッシュトゥートークや無線LANなどを搭載。E70はQWERTYキーを装備し、E61はモバイルEメール機能が充実している。Eはエンタープライズソリューションで、ビジネス系機能を満載したモデル。そのなかでもE60、E61は新プラットフォームS60を採用している。
海外へコンテンツを提供しているプロバイダなどに対してはGSMのネットワークでの実験が可能な設備を貸し出している。ノキア・ジャパン内にあるこの設備はシールドに覆われ、電波が外に漏れないようにしている。端末の貸し出しもノキア・ジャパンが行っている。ネットワークは専用線で北京につながって、ネットを利用したサービスのテストも行える。

マルチ・メガバイトSIMカードの事例を紹介
~ 日本ジェムプラスが1GB級のSIM供給を目指す ~

代表取締役テレコム事業本部長 Lambinon,Christophe氏が、SIMカードが携帯電話市場を大きく変えていく製品であることを説明した。
GX Generationsはキロバイト級、GX Generations Multimediaはメガバイト級。SIM内に個人データと設定、コンテンツも数多く記録できる。これにより、機種変更時は、SIMの差し替えだけでOKとなる。データは失われないうえ、デジタル著作権管理も有効であるとした。
事業者にとってもメリット多く、SIM内にオペレータのブランドイメージやスキンを格納できる。特に日本ではオペレータのカラーが強いため有効。2008年には1GB級のSIMの提供を目指している。SIMにはIPが割り当てられ、ネットワークからもSIMを見られるようになる。PCとも連携でき、USB接続して内容が書き換えられる。端末との通信速度も現在の300kbpsから50Mbpsまでアップさせる。
このSIMをオペレータの1社が発表。SIMにはあらかじめ着信音2曲とスクリーンセーバー5個、ムービー3本が入っているとした。

初日の最後を飾ったニワンゴ
~ メールポータルの全貌が ~

051129_m_028ニワンゴからは代表取締役 杉本誠司氏と取締役管理人 西村博之氏が登場。メールポータルサービスの事業展開を説明した。発端はブラウザサービスより幅広いユーザが利用しているメールサービスを使ったビジネスの可能性を探るため。m@niwango.jpにメールを出すことで、サービスが受けられる。たとえば、"乗換 東京 渋谷"と入力してメール送信すると、東京駅から渋谷駅までの乗換案内の検索結果が送られてくる。"天気 渋谷区"と入力して送信すると渋谷区の天気予報が送られてくる。予定していない語句が送られてきた場合は、近いと思われる情報を返信してくる。場合によっては、新しい情報を追加したときに、追加情報を送ることもあるとのこと。また、メールアドレスを発行する可能性も否定していない。この場合は、コミュニティツールとして進化していくだろうとした。

そのほかの講演
京セラコミュニケーションシステム ITプラットフォーム事業本部 インターネットビジネス事業部長 徳丸浩氏は、SQL インジェクションによるサイト攻撃の事例を紹介。ケータイでも狙われる可能性があること、対策が急務であることを説明した。エイタロウソフト 代表取締役・CEO 西島栄太郎氏は、モバイル版のLooking Glassを紹介。小さい携帯電話の画面を有効活用できる3Dインターフェイスのデモを行った。アイフリーク 代表取締役 永田万里子氏はデコメールの可能性について言及。今後、市場のけん引役になるとした。

(FMOBILE編集部)

11月 29, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

Vodafone VPA IVは最初にドイツから発売

vodafone-vpa-iv-germany  MDA VPA IV(HTC Universal)の最初のリリースはなぜかVodafoneの本拠イギリスではなくドイツからになるらしい。しかも契約なしの単体購入では899.50ユーロ!にもなるという。私はJASJARを599ユーロで買ったんだけど。(笑)

http://msmobiles.com/news.php/4524.html

しかもJASJARはSkype標準搭載。おそらくMDA VPA IVではSkype標準搭載はありえないだろうからかなり割高だ。おりしも本日はSkypeDay。Skypeの連中は日ごろの行いが良いらしく雨もあがって最高のイベント日和となった。急用ができたので終了間際の参加になりそうがぜひガツン!とすごい発表がありますように。

(Keiji Kiyonari)

11月 7, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.06

MicrosoftのMedia-Stream買収で起きること

teaser  GoogleによるGizmoProjectへの支援、MicrosoftによるTeleoとMedia-Streamの買収、eBayによるSkypeの買収....BIGNAMESが次々と新興VoIP企業を買収してきたがこれらの動きが加速するのは”通話の主役が有料のPSTN時代から無料のVoIPに移行する時代への転換”である。PCだろうがゲーム機だろうがスマートフォンだろうがあらゆる電子機器が通信機能を持ち、音声通話などは単なる1アプリケーションに過ぎなくなる時代が到来するのだ。ブロードバンドが音声を伝える空気のような存在になる時代が来ようとしている。

http://www.media-streams.com/

(Keiji Kiyonari)

11月 6, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.05

歴史は動いた!JASJAR日本語化への道とAsukal氏の偉業

MDA_lighs  ついに”日本人が自分たちの手で”、”日本語携帯電話として”、”日本語PDAとして”、”世界各国のUSIM/SIMでも日本のUSIMでも使え”、”日本語WEBが閲覧でき”、”日本語メールの送受信も可能で”、”日本語Skype for PPCも動く”...夢のような世界が実現しようとしている。Asukal氏率いるJASJAR日本語化プロジェクト参加メンバーの人たちの手によって可能となった。

http://asukal.seesaa.net/article/8951919.html

一般の人が(自分の力でセットアップして)使えるようになるにはまだ時間がかかりそうだがスマートフォン一台あれば世界中で電話も仕事もできる環境が実現するのだ。まさに歴史が動いた瞬間と言っていい。地平線の向こうに携帯鎖国日本の闇を切り裂く閃光が今、見え始めた。

(Keiji Kiyonari)

11月 5, 2005 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.03

山根博士じゃなくても欲しいNOKIA N92

n92 エンゲル係数ならぬNOKIA係数ぶっちぎり世界一の山根博士がNOKIA N92を入手するためについに秘蔵のお宝をも手放す..というエントリーを発見!

http://palmyamcha.hkisl.net/archives/000452.html

博士がこれほどまでに入れ込んいるN92だが、確かにこれは空前絶後のスマートフォンだ。JASJARもW-ZERO3ももう終わったって感じ?でも電話かかってきた時は困るぞこれ。(笑)

http://www.nokia.com/nseries/index.html?lang=en&country=R1#product,n92

How Do You Do - Cascada ♪

(Keiji Kiyonari)

11月 3, 2005 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.01

HTC BreezeはUMTS対応!

htcbreeze ちょっと見ではHTC Hurricaneかな?と思ったのだが、これは来春発売予定のHTC Breezeとのこと。中央の突起はポインティングデバイスのようだがP50のように小さすぎて指が痛くなるようなものでなければいいのだが...テレビ電話付きのUMTS対応なのでこのまま日本で使えるだろう。ちょっと気になるスマートフォンだ。

In Too Deep - Genesis ♪

(Keiji Kiyonari)

11月 1, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.30

NVIDIA® GoForce™ 3D wireless media processors

goforce4800 nVIDIAからついにスマートフォン用のGPUが発表された。これでさらに電車の中でピコピコやる連中が増えそうな雰囲気。

Wireless Media Processors for Advanced Handheld Devices

The mobile phone of today is evolving into a full-fledged multimedia device where voice is just one of many different capabilities offered. From high-resolution digital photography to full-motion video and interactive games, mobile phones are now used for a myriad of multimedia applications.

NVIDIA® GoForce™ 3D wireless media processors deliver dazzling 3D graphics, multi-megapixel digital still images, video capture and playback, and extended battery life to advanced handheld devices. GoForce 3D WMPs offer a host of advanced features, including a state-of-the-art 3D processor for immersive gaming, 3 megapixel image capture, VHS-quality video capture and playback, and NVIDIA nPower technology that enables multimedia features while minimizing impact on battery life.

Spec表はこちら...こんなのがスマートフォンで動くような時代に入ってしまったということか、しばし絶句。

http://www.nvidia.com/object/IO_18437.html

Quit Playing Games - BackStreetBoys ♪

(Keiji Kiyonari)

10月 30, 2005 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.10.29

Qtek9100の3D画像

Qtek msmobiles.comにQtek9100(HTC Wizard)の3D画像が紹介されている。台北で実物を触ってみたがHTC Universalより一回り小さく、非常に軽いがGSMスマートフォンなので残念ながら日本では電話としては使えない。

http://www.qtek.nl/9100_3D.asp

日本人としては来年春登場予定のUMTS対応機、HTC Hermesを待つしかなさそうだ。

http://msmobiles.com/news.php/4473.html

(Keiji Kiyonari)

10月 29, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.25

Skype for NOKIAの可能性

nokiae  N91が遅れている理由のひとつはSkypeを搭載するためではないか?というエントリーが山根さんのパーム飲茶にあるが、Skype for Videoといい、Skype for NOKIAといい、ベータくらい発表して欲しいよね。というわけで個人的には11月7日のSkypeDayでのNiklas社長の発表に期待しているのだが果たしてどうだろうか?台湾からの連絡ではスマートフォン市場だけの統計ではHTC製のWindowsMobileスマートフォンの出荷本数がすでにNOKIAを超えたというからNOKIAにとってSkypeは無視できないアプリケーションのひとつになっているわけだ。実際、携帯電話としての使い勝手はWindowsMobileよりNOKIAのほうが圧倒的に上なのでSkypeが動作すればNOKIAスマートフォンはマニアだけでなく普通の人も飛びつくだろう。期待したい。

(Keiji Kiyonari)

10月 25, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.23

Mobile VoIPは携帯電話も飲み込む?

gip  ADSL/光ブロードバンドで急速に普及してきたVoIPがいよいよモバイルの世界へ進もうとしている。中でもSkypeやGoogleTalkに搭載され、商業的に成功したGIPSの動きからは目を離せない。

http://www.pctel.com/pdf/2005_09_inv_presentation.pdf

また、Skypeにハードウェアレベルでの音声CODECを提供すると約束したIntelはさらに大きな仕掛けを考えていてVoIPが携帯電話まで飲み込む時代を予感させる。

http://www.intel.com/network/csp/products/8762web.htm

It's All Coming Back To Me Now - Celine Dion ♪

(Keiji Kiyonari)

10月 23, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.13

SkypeDay in Japan 11月7日開催!

skypeday  Skypeは今も全世界で利用者が激増中だが、Skypeによるリアルビジネスもいよいよ始まろうとしている。そのスタートの国となるのが現在、世界最高のブロードバンド環境となった日本であり、そのLaunchイベントとなるのが東京のホテルニューオータニで開催される11月7日の「Skype Day in Japan」である。

http://ac.nikkeibp.co.jp/ncc/skypeday/

このイベントではSkype CEO Niklas Zennstrom氏の基調講演のほか、世界初のSkypeプロダクトがいくつか発表されるという。イベント参加は1,000円だがネットから事前登録すれば無料だ。以下のURLから申し込める。

https://adregist.nikkeibp.co.jp/2005f/skypeday.html

私個人の予想ではSkype for VideoやSkype for Wi-Fi搭載の携帯電話もここで発表されるのではないかと思っているが、さていかに?...会場がニューオータニ 鶴の間ということで、キャパシティの問題があるので参加申し込みは早いもの勝ちとなる。参加希望者は大至急、上記URLで申し込まれたし!

(Keiji Kiyonari)

10月 13, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.09

Messenger+マルチメディアプレーヤスマートフォンLG VX9800

lgvx9800VerizonのV Castサービス専用のEV-DO携帯電話なので買って日本で使おうにもどうにもならないがフルキーボードでメールが使え、AOL Instant Messenger、ICQ、Yahoo! Messengerなども使え、ステレオスピーカで音楽やビデオが再生できるというLG VX9800はかなり気になるスマートフォンだ。紹介ビデオのURLはここ。

http://reviews.cnet.com/LG_VX9800/4535-6454_7-31518211.html?tag=top

サイズは意外と小さいが厚みがかなりあり、いかにも韓国製という感じ。日本メーカが作ったらもっと薄型にできるだろうけど掛け違えたボタンはもう直らない。

(Keiji Kiyonari)

10月 9, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.04

Skypeの動かないSymbian携帯はクズ!とmsmobiles.com吼える(笑)

wifiskype  ”Skypeも動かないようなSymbianOS携帯電話なんかクズ!”....と、NOKIAマニアが聞いたら激怒しそうな記事をmsmobiles.comが記載している。(笑)

http://msmobiles.com/news.php/4368.html

いろいろな諸事情で携帯電話に無線LANを搭載しにくいSymbian陣営は痛いところを突かれたわけだがSkype社もSymbianOS対応は最優先でやっているはずなので近いうちには反撃にでると思われる。しかしそうなると味方陣営にも爆弾を降らせることになるからNOKIAとしては悩ましいかも。で、この記事ではロンドンの「ReadytoSurf」というWiFiサービス上でSkypeを使う話が記載されておりHotSpotのロケーションリストもたどることができる。

http://www.readytosurf.com/locations/index.asp

なるほど確かにロンドンっ子には便利なサービスだと思うが802.11gを毎日使っている日本人としてはGoogleが8兆円使って全地球無料WiFiサービスでもやってくれない限り、そんなに魅力的なサービスには見えない。HotSpotにわざわざ行くのがいかに面倒かは野良電波愛好会の我々にはわかっているし、FreeSpotに当たればラッキーくらいの存在でしかないのだから。WiFiはもういいから携帯電話並みのカバーエリアで使える激安電波が欲しい。1GBで100円くらいなやつ。(笑)

(Keiji Kiyonari)

10月 4, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

DoCoMo USAの namimail正式サービス開始!

namimail  以前のエントリーでご紹介したドコモUSAの無線LANサービス「namikiteru」上でBlackBerryでの日本語メールの”読み”が可能になったことをお伝えしたが、今度は漢字変換も可能となり、日本語メールの”読み書き”も可能になった。これでパソコンやスマートフォンの日本語化が苦手な人も苦労なく日本語メールのやりとりができるだろう。サービス開始は明日10月3日からだ。詳しくは「namimail」のページへ!

http://www.namikiteru.com/namimail/namimail.htm

先週はPalmのTreoがWindowsMobileを全面採用するというニュースがあったが、米国RIM社も次期BlackBerryではインテルチップを採用するとアナウンスした。これが今後どうBlackBerryに影響してくるかはわからないが日本を除く世界各国のGSM/W-CDMA携帯電話は確実にQWERTYキーボード搭載のスマートフォンにシフトしつつあることだけは確かだ。

(Keiji Kiyonari)

10月 3, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.02

Skype携帯電話としてのJASJAR(3)

 W-CDMA携帯電話として使え、無線LANモードではSkype携帯電話として使えるJASJARはPDAファンや携帯電話ファンを中心に日本でも少しづつユーザを増やしているが、最近JASJARを買ったという知人から質問があった。それは”無線LANモードでSkypeを使ってもJASJAR自身がサスペンドモードに入ってしまうのでSkypeで常時受信できない”というものだ。確かにJASJARというよりWindowsMobile5.0のPhoneEditionはバッテリー節約のためにさまざまな対策をしており、デフォルトのままだとすぐにサスペンドモードに入り、使えるのはW-CDMA携帯電話の受信機能のみとなってしまう。JASJARはPDAというよりも”電話”なのでこれは当然である。しかし、これだとSkypeもいっしょに眠ってしまうので具合が悪い。

しかしそこはさすがSkype! ちゃんとSkype for PPCにはSkypeを常時受信モードにできる機能が用意されているのである。Skype for PPC 1.2BETAでは以下の手順で簡単に設定できる。

1.Skype for PPCを起動する。

2.「Tools」をタップする。

3.「Options」をタップする。

4.「Prevent device standby mode when online」にチェックマークを入れる。

これだけでJASJARや他のWindowsMobile携帯はSkypeが起動している限り、サスペンドモードにはならず常時、W-CDMA/GSM携帯電話もSkypeも受話可能となる。しかしこの場合、当然ながらバッテリー負担はかなり大きくなるのでできればActiveSyncでノートPCから電源供給を受けながら待機することをお勧めする。

Nothing Compares 2U - Sinead O'Connor ♪

(Keiji Kiyonari)

10月 2, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.27

Skype携帯電話としてのJASJAR(2)

 VodafoneのUSIMのおかげで我がJASJARもGSMを除き海外と同じ通信環境になったので今度はW-CDMAとSkype両方での電話待ち受けをテストしてみた。その結果は...も、最高! Skype通話に関する限りもうパソコンは不要だ。というより無線LAN環境さえあればSkypeも携帯電話並みに使えるから言うことなし。しかもJASJARの場合、ステレオスピーカ付きだからテブラコードレス無料電話も可能なのだ!問題はSkypeで通話している間にW-CDMAに着信があった場合、慣れないとW-CDMA側からのCALLを取れないこと。まぁ、Skypeはいくら話しても無料なのですぐに切ってW-CDMAからのCALLを取ればいいのだが...

SkypeとW-CDMA両方を使う場合、バッテリーの消耗が激しいので臨時措置としてJASJARをUSBケーブルでノートPCに繋ぎ、充電補給しながら使うとかなり長持ちする。私の場合、カバンには常にノートPCを入れているのでJASJARのバッテリー切れの心配とは無縁でいられる。かなり高い買い物だがSkypeを使う限り、JASJARはお勧めだ。

BlackDog - Led Zeppelin ♪

(Keiji Kiyonari)

9月 27, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (1)

テレビ携帯電話としてのJASJAR

vodausim  JASJARにFOMAのUSIMを入れて使い始めて数日、さすがに世界で先行した3Gなのか勝手にアホな規格で先走ったせいなのか自宅では電話として使えるものの、会社や自分行動範囲では通話範囲は穴だらけ。思わず魔邪よろしくJASJARを道路に叩き付けそうになったがJASJARには罪はない。頭にくるのはこういう肝心なことを放置したまま3G 44010を割り振ってもらって商売しているDoCoMoである。”日本では自分のGSM携帯じゃ使えないからW-CDMA携帯買ってから日本でUSIMを買うか..”と思っている外人も少なくないだろうに基地局がこのザマでは日本の評判はまたもガタ落ちだろう。

結局FOMAは諦め、近所のVodafoneショップでUSIMを買ったが、こちらはエリアが狭いのを除いては特に問題なく使えている。FOMAのような日本仕様3Gでないだけマシである。JASJARが見違えるように元気になった。

JASJARをFOMAのUSIMで使うのは諦めたが一応確認のためFOMA - (Vodafone)JASJAR間でのテレビ電話を試してみた。これは特に問題なく双方の画面にお互い見たくもないオヤジの顔が出たのでとっとと実験を終了した。(^^; JASJARは画面が大きく、スピーカもステレオスピーカなので携帯テレビ電話としては日本国内のどのテレビ携帯電話より優れている。あとはSkype社がこれを無料にするのを待つだけだ。

Call on me - Eric Prydz ♪

(Keiji Kiyonari)

9月 27, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.24

Skype携帯電話としてのJASJAR

MDA_lighs  JASJARには最初からSkypeがインストールされているが、可能なら最新のSkype for PPC 1.2ベータに入れ替えたほうが音質の点からもお勧めだ。私は会社や家でXdaIIsやh4350をSkype専用のWi-Fi電話として使っているのでそれほど感激はなかったが、とにかくJASJARをポケットに入れておけば世界中無料携帯電話になるので便利このうえない。特に寝っころがってテレビ見ている時などにSkypeで電話が受けられるのは最高だ。さらにJASJARのステレオスピーカを最大音量にしておけばJASJARをそのままテブラコードレス電話のようにしての会話も可能だ。この場合、相手からは音がエコーバックして聞こえてしまうようだが、まぁ無料だしね。(笑)

The first time ever I saw your face - Roberta Flack ♪

(Keiji Kiyonari)

9月 24, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

JASJARをW-CDMA携帯電話として使う

jasjar  大枚はたいて買ったi-mate JASJARだが、とりあえずW-CDMA携帯電話として使っている。まずは電話帳の作成にあたるContact作成...今のところ英語のみだが、さすがにキーボード付きなので楽勝。おまけにキーボードが赤く光るので真っ暗闇もちゃんと入力できる。明るいところでは光らないので周りの光の強さをどこかで自動測定しているようである。このあたりは長時間のフライトには非常に便利そう。電話帳は良くできていていちいち相手の名前をカーソルで選ばなくても苗字か名前の頭文字をタイプするだけで呼び出せる。通話音質については国産のW-CDMA携帯とほぼ同じ。ただ着信音とバイブレーションについてはもっと強力なモードが欲しい。このあたりは国民性なのかちょっとのんびりした作りである。気になる電池の持ちだがWi-FiやBlueToothを同時起動していなければ普通のGSM携帯電話くらいと同程度といったところ。まぁ最悪、ノートPCさえ持ってればUSB経由で充電可能なので安心できる。あと、ここは意見の分かれるところだが日本で使う限り、XdaIIsやP50と違い、ほんとに電話として使えるし、なによりもJASJAR一台持ってれば全世界どこに行っても電話になるので非常に嬉しい。うーん、海外に行きたくなってきた。(笑)

Legs - ZZ Top ♪

(Keiji Kiyonari)

9月 24, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)

PalmがMicrosoftとの提携を9月26日に発表

treo670  一時、SmartPhoneマニアの間で噂になっていたTreo670(PalmがWindowMobilleを搭載した初のTreo)や最新のTreo700wですが9月26日にPaml社長Ed ColliganとMicrosoft会長Bill Gatesの立会いのもと公式に提携が発表される予定とのこと。メインキャリアはVerizon Wireless。詳しくはMSMobiles.comとPalmのリリースを参照のこと。

http://msmobiles.com/news.php/4319.html

http://www.palm.com/us/company/pr/news_feed_story.epl?reqid=760556

OSはもちろんWindowMobile5.0で、製造は...やっぱりHTCか。BlackBerryはどう動くかに注目!

Getup Standup! - Stellar Project ♪

(Keiji Kiyonari)

9月 24, 2005 | | コメント (0) | トラックバック (0)