格安SIMカード提供業者

格安SIMカード提供業者

2015/06/18 10:55:18 |

Y!mobileのSIMカードは、ソフトバンクモバイルがサービスする格安CIMカードとなっています。ソフトバンクと言えば、お父さん犬のCMですっかりお馴染みとなっている、あのソフトバンクになりますので、驚く人もあるのではないでしょうか。ソフトバンクがどうしてY!mobileの名前でSIMカードのサービスを展開しているのには、理由があるのです。Y!mobileは、格安CIMカードの他にもスマートフォンや携帯電話のサービスを行っていますが、その前身はウィルコムになるのです。ウィルコムは、PHSのサービスを展開していきましたが、経営が行き詰まり、ソソフトバンクに吸収されることになり、社名をY!mobileに改名しているというわけです。ソフトバンクとしては、これまで独占販売であったiPhoneが他の携帯電話事業者からも販売されることになり、アンドロイドに力を入れたいところです。そこで、ウィルコムを吸収し、新会社でアンドロイド系スマートフォンと格安CIMのサービスを振り分ける方針を打ち立てたのです。Y!mobileのSIMカードは、アンドロイド系スマートフォンに適用することができて、しかもソフトバンクの携帯電話やスマートフォン同士であれば、通話やメールは全て無料で利用することかができるようになっています。また、Y!mobileのSIMカードは、ソフトバンクの携帯電話回線を利用でき、ソフトバンク携帯、スマートフォンと同品質で回線を利用することができます。しかも、3GBのデータ通信容量であれば月額1280円と非常にお得な料金設定も見逃せないものとなっています。

2015/06/18 10:54:18 |

BIGLOBEのSIMカードは、インターネットブロバイダー大手のBIGLOBEがサービスする格安CIMカードとなっています。BIGLOBEは、1996年に家電・コンピュータの最大手メーカーでPC98シーリーズのパソコンがヒットし、WindowsOSが登場するまではパソコントップメーカーとして君臨してきました。当時まだインターネットが普及する以前で、BIGLOBEはインターネット事業の先駆けとして現在のインターネット社会を構築してきた実績があるメーカーとなっています。BIGLOBEでは、市場が拡大するスマートフォンに対して格安CIMカードの提供することで参入するものとなっています。BIGLOBEの格安CIMカードは、データ通信専用のタイプと音声通話が出来るタイプがあり、それぞれタブレット端末やスマートフォンなどと用途に合わせてCIMカードを選ぶことが出来るようになっています。BIGLOBEの格安CIMカードは、NTTdocomoのLTE回線を利用することができ、最大データ通信量が10GBまで選ぶことができ、NTTdocomoのCIMカードと遜色のない仕様となっています。また、割安にスマートフォンを利用したい人には、データ通信量1GBであれば月額1280円から利用することが出来るようになっています。また、タブレット端末のように音声通話が必要無い場合は、同じ1GBのデータ通信量であれば970円から利用することができます。BIGLOBEのSIMカードは、他の格安CIMカードの料金プランよりも割高な設定となっていますが、NTTdocomoのCIMカードと同じサービスを受けることが出来ることを考えれば非常にお得なものとなっています。

2015/06/18 10:54:18 |

パナソニックのSIMカードは、家電メーカー最大手のパナソニックがサービスする格安SIMカードとなっています。パナソニックと聞いて驚いている人もあるかと思いますが、本当に家電メーカーのパナソニックがサービスしている格安CIMカードとなっており、現在、最も人気の高いSIMカードとなっています。やはり、パナソニックのブランド力もありますが、さすがに大手メーカーがサービスする格安CIMですが、品質、性能ともに携帯電話事業社のSIMと何ら変わらない仕様となっています。パナソニックでは、NTTdocomo向けのフォーマのブランドでの携帯電話やスマートフォンを製造していましたので、携帯電話通信においては最も理解しているメーカーとなります。パナソニックのSIMカードは、NTTdocomo専用となりますが、LTE回線が利用でき、データ通信量が2GBであれば1037円から利用することができます。その他、データ通信量が3GBのプランでは月額1393円とかなりお得な料金設定となっています。NTTdocomoに限らず何処の携帯電話事業社においても、各安CIMカードの通信速度や容量は、自社ブランドCIMよりも劣る通信となってしまいますが、パナソニックのSIMカードにおいては、全く制約を受けることなくサービスを利用することが出来るようになっています。ただ、パナソニックの格安CIMカードは、結構お得な料金設定となっていますが、音声通話のサービスはありませんので、音声通話の利用が多い人には向きません。NTTdocomoのスマートフォンに対応していますが、タブレット端末での利用を想定した方がよいのかもしれません。

2015/06/18 10:54:18 |

BBexciteは、インターネット事業社のエキサイトがサービスする格安CIMカードの商標名となっています。エキサイトは、楽天やYahooといった大手インターネット事業社の陰に隠れてあまり目立たない存在となっていますが、洗練されたエキサイトのポータルサイトは利用する人からは好評となっています。元々エキサイトは、アメリカの電気通信・インターネット事業社の子会社として日本法人として設立された経緯があり、現在は完全に日本法人ですが経営スタイルは、外資系に近いものとなっています。エキサイトでは、インターネットプロバイダーの経験を生かして格安CIMカードのサービスにも参入しており、freetelの格安CIMカードと熾烈な価格競争を繰り広げています。BBexciteのSIMカードのサービスは、データ通信のみと音声通話が出来るプランがあり、データ通信容量により8プランがサービスされています。BBexciteのSIMカードでは、音声通話なしのプランでデータ通信容量が1GBであれば月額1280円から利用できるようになっています。ただ、BBexciteのSIMカードは、NTTdocomoの携帯回線を利用していますので、LTEなどの高速通信のサービスを利用することができますが、回線の通信速度や容量は、NTTdocomoが優先となっていますので、回線品質や性能においては契約どおりの仕様が得られないことがあります。また、BBexciteでは色々とプランが用意されていますので、選択範囲は広がりますが、初めて格安CIMカードを利用する人には複雑となっていますので、どれを選んだらよいのか迷ってしまいます。

2015/06/18 10:53:18 |

FreetelのSIMカードは、電気通信事業者のプラスワン・マーケティングがサービスする格安CIMカードとなっています。プラスワン・マーケティングは、独立した電気通信事業者となっており、電気通信に関する設備からインターネット通信やコンテンツなどのソフトウェアなどを専門として事業を展開しています。プラスワン・マーケティングでは、格安CIMカードのサービスのほか、独自ブランドのスマートフォンのサービスを展開していますので、初めてスマートフォンを購入することを考えている人は、携帯電話事業社のスマートフォンの約3分の1程度でスマートフォンを利用することができますので、一度検討してみる価値はあるのではないでしょうか。Freetelは、プラスワン・マーケティングの格安CIMの商標となっており、データ通信オンリーと通話も出来るプランが用意されています。Freetelの格安CIMカードは、データ通信のみで1GBまでの通信容量であれば月額670円から利用することができます。また、もう少しデータ通信容量を増やして、音声通話も考えている人であれば、2GBの通信容量で月額1480円から利用することができるお得なプランとなっています。現在のところ、数ある格安CIMの中では最もお得なものとなっており、音声通話はSNSで十分な人にはとてもお得なものとなります。ただ、音声通話を多用するひとは通話料金が高くなっていますので、注意が必要になってきます。また、携帯電話回線をNTTdocomoの回線を間借りしていますので、通信性能ではNTTdocomoよりも劣ってしまいます。

2015/06/18 10:53:18 |

楽天は、Yahooと並んで国内最大のインターネット運営事業社となっており、楽天はインターネット事業のほかに通販や電気通信事業などサービスを展開しています。また、楽天はパリーグの楽天イーグルスのオーナーであり、宮城県に本拠地を置き、楽天球場も運営しています。楽天では、新たにスマートフォン事業にも参入し、楽天ブランドでスマートフォンの販売を展開するか、格安CIMカードもサービスしています。楽天がサービスするスマートフォンと格安CIMカードは、NTTdocomoの回線を利用するアンドロイド系スマートフォンとなっています。これにより、国内でNTTdocomoが利用出来る場所であれば楽天のSIMカードも同様に利用することが出来ますので、お得に広範囲で利用することが出来るものとなっています。楽天の格安CIMカードは、LTEが利用できデータ通信容量が3GBなら月額1600円から利用することができるだけでなく、音声通話も利用することができる非常にお得なものとなっています。さらに、動画などヘビーユーザーにはデータ通信容量10GBのプランが用意されており、月額2980円から利用することが出来るようになっています。楽天のCIMカードは、何と言っても使えば使うほど楽天ポイントが貯まる仕組みになっていますので、貯まったポイントで楽天ショッピングや楽天CIMカードの支払いに転用することが出来ます。ただ、お得な楽天CIMカードですが、必ずしも契約のデータ通信容量が保証されている訳ではありませんので、NTTdocomoのCIMカードよりは劣る性能となってしまいます。

2015/06/18 10:53:18 |

最近、格安CIMカードで話題のmineo(マイネオ)は、関西電力が出資するケイ・オプティコムがサービスしています。ケイ・オプティコムは、関西電力の通信事業部が独立して直営の子会社化した企業となっており、通信事業の他にもインターネットブロバイダーやケーブルテレビの事業を展開しています。ケイ・オプティコムでは、近年におけるスマートフォン人気により、通信事業のノウハウを生かして格安CIMカードの事業に参入することになりました。関東電力や中部電力など国内電力会社は、通信事業に参入し、インターネット通信やブロバイダーの事業を展開しています。また、KDDI国際電話株式会社と提携し、国内の通信事業を担う役割となっています。また、携帯電話事業もKDDIの系列のAUと提携し、AUの拡販協力を行っています。このため、関西電力系列となるmineoの格安CIMカードサービスにおいても、基本的にAUと提携するものとなっています。mineoの格安CIMカードは、AUのLTE回線を利用することができ、1GB、3GB、5GBのデータ通信量を選択することができます。また、AUのスマートフォンと同様に音声通話も行うできるほか、AUの携帯電話やスマートフォンとは無料の通話サービスも付随されています。ただ、利用料金が月額2980円と他の格安CIMカードよりも若干割高となっていますが、高品質なAUのSIMカードと遜色のないサービスとなっていますので、ヘビーな使い方をする人には結構お得なものとなります。また、AUが販売するアンドロイド系のスマートフォンの他、AUのiPhoneも対応しています。

2015/06/18 10:49:18 |

U-mobileは、U-Nextがサービスする格安CIMカードとなっています。U-Nextは、2009年に操業と比較的新しいベンチャー業者ですが、高速大用量化するインターネットにおいて、いち早く影像コンテンツの事業を立ち上げたのがU-Nextの起源となっています。U-Nextでは、高品質な映像コンテンツの製作や配信のサービスを展開し、映像分野の先駆けであるソニーやパナソニックなどからも注目される業者に成長を遂げています。U-Nextでは、スマートフォンアプリとして、影像コンテンツの配信サービスを展開する傍ら、格安CIMカード事業にも参入することになりました。U-Mobileの格安CIMカードは、最初から影像コンテンツのサービスを前提にしていますので、高速・大容量通信が標準でサービスされています。U-Mobileの格安CIMカードにおいても、PlalaのCIMカードと同様に4GのLTEサービスを利用できるほか、データ通信容量の制限もないサービスとなっています。U-Mobileの格安CIMは、音声通話も利用出来、しかもLTEの高速通信が可能で月額2980から利用できますのでねPlalaの格安CIMよりも1000円安く利用することができます。ただ、回線接続はNTTdocomoを使用していますが、Plalaの格安CIMは、NTTdocomoのCIMと異色ない品質に対して、U-Mobileの格安CIMカードは、必ずしもLTEの高速通信が保証される訳ではありません。また、音声の無料通話サービスもありませんので、音声通話を頻繁に利用する人は通話料金が課金されますので、NTTdocomoよりも高くなってしまう恐れがあります。ただ、U-Mobileの格安CIMは、いち早くi-Phoneにも対応していますので、i-Phoneユーザーには見逃せない事業社となります。

2015/06/18 10:49:18 |

Plalaは、NTTが直営でサービスするインターネットブロバイダー事業社となっており、NTTのフレッツ光などと契約すると同時にインターネットブロバイダーとしてPlalaとインターネット接続するものとなります。NTTではスマートフォン事業に遅れをとっており、NTTの携帯電話事業社であるNTTdocomoは以前のような有意性は薄れてしまい、ソフトバンクやAUにシェアを奪われる状況となっています。そこで、格安CIM事業に乗り出すことになりますが、携帯電話事業社であるNTTdocomoでは都合が悪いため、系列のPlalaが格安CIMのサービスを受け持つものとなりました。PlalaのCIMカードは、基本的にソフトバンクやAUにも対応していますが、NTTdocomoとの接続についてはほとんど同社のCIM性能となんら変わらないサービスとなっています。他の格安CIMの場合、4GのLTE回線の対応に至っていないのに対して、PlalaのCIMカードにおいては、LTE標準対応でしかもデータ通信量の制限はありませんので、動画やオンラインゲームを多用する人にはありがたいサービスとなっています。また、音声通話においてもNTTdocomoの高品質な回線を使用していますので、途中で途切れることなく普通に音声通話をすることができます。ただ、PlalaのCIMカードは、確かにNTTdocomoのスマートフォンプランよりも低価格にはなっていますが、それでも月額3736円と約半額ですが、Y!mobileなどの低価格携帯事業者が参入した現在において、低価格CIMとは言いがたいものとなっています。また、NTTdocomoとの相性は間違いありませんが、他の携帯電話事業社との相性はあまり保証されていません。

2015/06/18 10:48:18 |

DMMモバイルは、ゲーム娯楽機器メーカーのDMMが直営する携帯端末事業を専門とする事業者となっています。DMMは、平成11年に操業と比較的新しい業者ですが、DMMではゲーム娯楽機器以外にもレンタル事業にも参入し、レンタルビデオのCMでお馴染みとなっています。DMMは、急成長するスマートフォンなどの携帯端末事業において、自社のゲームソフトの拡販を進めるべき、携帯端末でのゲームソフトにおいても成功を収めています。さらに、DMMではスマートフォンのCIMカードにも参入し、格安CIMのイメージをさらに強める結果となりました。DMMモバイルの格安CIMカードは、各種プランが設定されており、1GBのデータ通信専用のSIMカードであれば月額660円からはじめることが出来る業界トップの安さとなっています。また、音声通話も行い人は、月額1280円から手持ちのスマートフォンで携帯電話事業者のSIMと同様に利用することが出来るようになっています。ただ、携帯電話事業社がサービスする同社間の通話無料やメールパケットの無料のサービスはありませんので、スマートフォンで音声通話の利用が多い人は、かえって通話料金がかさみ割高となってしまいます。また、データ通信量においても、パケット量の制限が無い状態にするプランもありますが、携帯電話事業社のように必ずしも契約の通信速度が得られないことや、やはり割高な料金設定となっていますので、動画などヘビーな使い方をする人には向かないのかもしれません。