格安SIMカード提供業者

格安SIMカード提供業者

2015/06/18 10:53:18 |

楽天は、Yahooと並んで国内最大のインターネット運営事業社となっており、楽天はインターネット事業のほかに通販や電気通信事業などサービスを展開しています。また、楽天はパリーグの楽天イーグルスのオーナーであり、宮城県に本拠地を置き、楽天球場も運営しています。楽天では、新たにスマートフォン事業にも参入し、楽天ブランドでスマートフォンの販売を展開するか、格安CIMカードもサービスしています。楽天がサービスするスマートフォンと格安CIMカードは、NTTdocomoの回線を利用するアンドロイド系スマートフォンとなっています。これにより、国内でNTTdocomoが利用出来る場所であれば楽天のSIMカードも同様に利用することが出来ますので、お得に広範囲で利用することが出来るものとなっています。楽天の格安CIMカードは、LTEが利用できデータ通信容量が3GBなら月額1600円から利用することができるだけでなく、音声通話も利用することができる非常にお得なものとなっています。さらに、動画などヘビーユーザーにはデータ通信容量10GBのプランが用意されており、月額2980円から利用することが出来るようになっています。楽天のCIMカードは、何と言っても使えば使うほど楽天ポイントが貯まる仕組みになっていますので、貯まったポイントで楽天ショッピングや楽天CIMカードの支払いに転用することが出来ます。ただ、お得な楽天CIMカードですが、必ずしも契約のデータ通信容量が保証されている訳ではありませんので、NTTdocomoのCIMカードよりは劣る性能となってしまいます。

2015/06/18 10:49:18 |

Plalaは、NTTが直営でサービスするインターネットブロバイダー事業社となっており、NTTのフレッツ光などと契約すると同時にインターネットブロバイダーとしてPlalaとインターネット接続するものとなります。NTTではスマートフォン事業に遅れをとっており、NTTの携帯電話事業社であるNTTdocomoは以前のような有意性は薄れてしまい、ソフトバンクやAUにシェアを奪われる状況となっています。そこで、格安CIM事業に乗り出すことになりますが、携帯電話事業社であるNTTdocomoでは都合が悪いため、系列のPlalaが格安CIMのサービスを受け持つものとなりました。PlalaのCIMカードは、基本的にソフトバンクやAUにも対応していますが、NTTdocomoとの接続についてはほとんど同社のCIM性能となんら変わらないサービスとなっています。他の格安CIMの場合、4GのLTE回線の対応に至っていないのに対して、PlalaのCIMカードにおいては、LTE標準対応でしかもデータ通信量の制限はありませんので、動画やオンラインゲームを多用する人にはありがたいサービスとなっています。また、音声通話においてもNTTdocomoの高品質な回線を使用していますので、途中で途切れることなく普通に音声通話をすることができます。ただ、PlalaのCIMカードは、確かにNTTdocomoのスマートフォンプランよりも低価格にはなっていますが、それでも月額3736円と約半額ですが、Y!mobileなどの低価格携帯事業者が参入した現在において、低価格CIMとは言いがたいものとなっています。また、NTTdocomoとの相性は間違いありませんが、他の携帯電話事業社との相性はあまり保証されていません。